「髪の毛のパサつき改善シャンプー編」

「髪のパサつきを何とかしたい」「どうして髪にパサつきが出てしまうのか知りたい」と思っていませんか?

髪にパサつきがあると、鏡を見るたびに気になってしまいますよね。

大阪で話題の美容室でも言われましたが髪にパサつきが出る主な理由は髪の乾燥・栄養不足だと言われています。どうすれば、髪のパサつきが抑えられるのでしょうか。

具体的な髪のパサつきの原因と対策法をご紹介していきます!

髪が乾燥したり、栄養不足になり、パサつきが出やすくなる主な原因には、以下の様なものがあると言われています。

■髪の洗い方が間違っている
■髪の乾かし方が間違っている
■乾燥・紫外線対策をしていない
■食生活の乱れや睡眠不足など不健康な生活

いくら髪のお手入れをしても、パサつきの原因になることを続けていれば、まとまり髪を目指すことは難しくなってしまうことも…。

髪のパサつきの主な原因をもとに、髪をパサつきにくくするにはどうすればいいのか、
間違ったシャンプーのやり方だと髪を傷め、水分や栄養を失い髪がパサつくことに繋がることがあると言われています。
髪のパサつき対策としても、一度髪の洗い方を見直してみましょう。

髪の洗い方の手順をご紹介します!

①入浴前にブラッシングをして汚れを浮かす
ブラッシングをすると、頭皮や髪から汚れが浮き、シャンプーで汚れが落ちやすくなると言われています。

②シャワーの温度はぬるま湯にする

シャンプーをするときのシャワーはぬるま湯がおすすめです。

熱いお湯だと髪や頭皮の油分を洗い流しすぎてしまい、乾燥の原因となる可能性があるそうです。
また、冷たい水だと、毛穴がなかなか開かず汚れが洗い流しにくくなる場合があるので、ぬるま湯で洗髪を行いましょう。
③シャンプーをつける前に予洗いを入念にする
しっかりぬるま湯を浴びせて髪と頭皮を予洗いすれば、それだけである程度の汚れは流れていくと言われています。

必要以上の量のシャンプーを使ってしまうと、髪や頭皮の水分を保つために必要な皮脂まで洗い流してしまいやすくなり、髪のパサつきに繋がる可能性があります。

汚れが少ないほど泡立ちも良くなるので、シャンプーを付ける前に入念に予洗いしましょう。

④手でシャンプーを泡立ててから髪に乗せる
髪同士がすれて傷まないように、手のひらでシャンプーを泡立ててから髪にのせます。

また、ゴシゴシと強く洗うことはせず、頭皮を指の腹で優しく揉むようなイメージで指を動かしましょう。
髪が傷むと髪のうるおいが保てなくなり、髪にパサつきが出る場合があると言われていますよ。

⑤すすぎを入念におこなう

シャンプーやスタイリング料が髪や頭皮に残らないよう、数分間かけてしっかり洗い流しましょう。

 

歯の黄ばみや汚れを改善するホワイトニング

黄ばみや着色が気になってくる歯。

オフィスホワイトニングに魅力を感じる人が多いのも当然の話ですが、実際にオフィスホワイトニングをしようと思えばかなりの金額を要する場合があります。さらに人によっては、薬剤を塗った部分が染みたり、医師の腕によっては仕上がりの色にムラが出来てしまう可能性もあります。
その点セルフホワイトニングでは、歯医者さんでしか使用出来ない成分の入った薬剤は使用しておらず、強い不快感を感じる事はありません。また、歯科医師や歯科衛生士以外が患者の口の中に触れる事は現在日本の法律で禁じられているため、セルフホワイトニングは医師やスタッフから施術を受けるものでは無く、知識を持ったスタッフからの指導の下、自分で行うものになっています。そのため、セルフホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも安価に行う事が出来るのです。

 

 

健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|童話|ショッピングカート|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|住宅リフォーム総合情報|内職 アルバイト|初値予想|病院ナビ|病院ラボ|病院の教科書|クリニックナビ|クリニックラボ|クリニックの教科書|病院ネット|医療ナビ|医療ラボ|健康ナビ|クリニック集客ノウハウ

コメントは受け付けていません。