似合わせの効果

・似合わせカラーとは

似合わせカラーとは、なりたいお顔やなりたい目元を「似合わせ黄金バランス」を元に、ハイライト、ローライトといったベースのカラーに陰影をつけて骨格修正を行うことができます。「小顔に見せたい」「目を大きく見せたい」という思いをデザインカラーによって可能にします。

似合わせカラーが持ち合わせる効果

似合わせ黄金バランス「5:8」という理論を使いカラーによる肌面積の修正を行うことができます。肌面積を修正させることによって各お顔のパーツが理想のバランスになり、なりたい印象を手に入れる事ができます

ハイライトの効果

膨張させる 引き離す 引き上げる

ローライトの効果

収斂させる 引き寄せる 引き下げる

この効果によって様々な似合わせをすることが可能になります。目が離れている場合に目を中央に寄せるテクニックとしては、前髪の目と目の間に落ちてくる毛の所にローライトを入れると目が中央に寄った印象になってきます。逆に目を離したい場合は先程のテクニックと逆になり、目と目の間に落ちる毛をハイライトに変えると目が離れた印象になってきます。目を垂れ目にしたい場合は目尻に落ちる毛に対してローライトを入れると垂れ目の印象になり、目尻に落ちる毛に対してハイライトを入れるとつり目の印象になってきます。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは受け付けていません。