エルジューダ グレイスオンシリーズ

 

 

時間がない!しかし”女性らしさ”は大切にしたい!そんな願いを叶える洗い流さないトリートメントが新登場。

普段のお手入れで使うだけで、女性らしいやわらかな髪を簡単に実現できるのが「エルジューダ グレイスオン セラム」と「エルジューダ グレイスオン エマルジョン」。つけて、乾かすだけという手軽さのポイントを説明したいと思います!

「エルジューダ グレイスオン」は、3つのオイルが融合した「グレイスブレンド処方」で作られています。この3つのオイルが大切な役割を果たすので、乾かすだけでやわらかな髪が実現するのです!

①「伸び」=スムージングオイル(髪につけたとき)
②「保湿」=熟成アルガンオイル(ドライ中)
③「密着」=エラスティックオイル(仕上がり)

ではそれぞれの特徴を説明していきます。
①「伸び」=スムージングオイル(髪につけたとき)
まず最初に「スムージングオイル」。このオイルは伸び広がりにとても優れているので、どんな状態の髪にも均等になじませられる特性があります。そして髪を保護しながら毛先まで行き渡り、髪の調子を整え、髪質対応力を向上させます。

②「保湿」=熟成アルガンオイル(ドライ中)
なぜ「熟成」なのかというと、ずばり高圧処理をしているからです。高圧処理によって熟成された「アルガンオイル」は、髪への馴染みがよさらによくなります。ドライ中の髪を保湿しながら、やわらかさを髪全体に与えます。

③「密着」=エラスティックオイル(仕上がり)
乾かした後、仕上がりで力を発揮してくれるのは「エラスティックオイル」。髪を乾かすにつれ、オイルの粘性が上がっていきます。粘性が上がると、毛先までオイルが密着。つまり、「熟成アルガンオイル」で保湿状態にある髪をコーティングし、仕上がったときに髪のまとまりを感じることができるのです!

悲しいことにドライヤーの熱によって私たちの髪は日々、ダメージを受けています……。

ドライヤーの熱を受けると、毛髪がカルボニル化という酸化現象の一種が進行し、ツヤ・水分保持力が低下してしまいます。髪がパサついてきた気がする……。といった変化を感じるようになるのはこれが原因です。
グレイスオンは、「ビサロボール」という毛髪保護成分を配合しています。「ビサロボール」は髪を守り、「熱老化」によるパサつきを抑えてくれます。毎日のドライヤーの熱から髪を守り、髪の美しさを保ってくれるとっても良い成分が「エルジューダ グレイスオン」には入っています!

特徴!③健康的で美しい髪へ導く「CMADK」を配合
さらに「エルジューダ グレイスオン」には「CMADK(カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン)」というケラチンタンパク質が配合されています。

むずかしい名前ですが、簡単に言うと、傷んでいる髪を補修してくれるとっても髪に良い成分なんです!

すこし専門的な話をすると、髪はケラチンタンパク質という成分によって大部分が構成されています。髪のしなやかさやハリ・コシを保ってくれているのもこの成分のおかげなのですが、ヘアカラーやパーマ、日々のシャンプーなどによって、ケラチンタンパク質は髪から流れ出てしまいます。

これが、髪がパサついたり、手触りが悪くなってしまったりする要因。トリートメントなどでもケラチンタンパク質は補えるのですが、補修してもすぐにまた髪から流れ出てしまうのです……。
さらに力を発揮するのが「CMADK」。なんとこの成分は他のケラチンタンパクに比べて、ずっと髪に留まり続けてくれやすいというケア成分で髪の内部まで浸透・吸着し、髪のダメージ部分を補修します。根元から毛先まで美しい状態に整え、健康的で美しい髪へ導いてくれます!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは受け付けていません。